生花祭壇の波や山に専用の技術はなく、あるのはキレイに挿す技術のみ

生花祭壇の技術力アップコラム

生花祭壇の波や山に専用の技術は必要ない、では必要なのは?

投稿日:

波や山など、「描写的なデザインの生花祭壇」を納品できるようになりたい。そんな望みを持った社長さんや飾り手さんは多いと思います。

描写的なデザインの生花祭壇を納品できるようになると、組織としてのステータスも高まるし、葬儀花の仕事を続けていく自信にもなりますよね。

ただ誤解している方が多いのですが、描写的なデザインの生花祭壇に「そのデザイン専用の技術」があるわけじゃありません。

もっと具体的に言うと、波の生花祭壇に「波専用の技術」ってないです。

そのため技術力の未熟な段階で「波の挿し方だけ」を学んでも、再現性ってほぼありません。技術力アップという観点でも、効果は期待できないでしょう。

黒屋
この記事ではそう言える根拠と、波や山など描写的なデザインを挿せるようになるには何をすればいいのかをお伝えします。

生花祭壇はフルマラソン、生花祭壇のデザインはマラソンコース

生花祭壇はフルマラソン、生花祭壇のデザインはマラソンコース

技術力が未熟な段階で「波の挿し方だけ」を学んでも、なぜ再現できないのかを説明する前に、まずは「生花祭壇」と「生花祭壇のデザイン」を分けて考えてみましょう。

2つを分けた時のイメージ

  • 生花祭壇=フルマラソン
  • 生花祭壇のデザイン=マラソンコース

生花祭壇が上手くなりたい人はフルマラソンを完走したい人。それに対して、波が挿せるようになりたい人は東京マラソンを完走したい人です。

東京マラソンの部分はホノルルでもボストンでもニューヨークでも、フルマラソンのコースであればどこでも構いません。

フルマラソンとマラソンコースの共通点と相違点も整理しておきましょう。

  • 共通点 42.195km
  • 相違点 コース形状、気象条件、相手関係など

大切なポイントは、どのマラソンコースを走るにしても42.195kmを完走するチカラが必要だってことです。

東京マラソンを完走したくて東京マラソンのコースに詳しくなっても、現状で5kmも走れないようなら完走するのは難しいですよね。

それなら東京マラソンへのこだわりはいったん置いて、マラソンそのものの走力をアップさせたほうがいいのではないか。

黒屋
これが僕の生花祭壇技術に対する考え方です。

もちろん5kmも走れない状態であってもエントリーするのは自由です。実際に走ってみることで「自分の現状」がわかることってあります。

波や山、鳳凰や音符など、生花祭壇の特定のデザインはマラソンコースです。生花祭壇というフルマラソンを完走できるようになれば、波というマラソンコースの攻略は可能になります。

黒屋
生花祭壇の技術ってそういうものです。

ありふれたデザインをキレイに挿せれば、描写的なデザインの生花祭壇もできる!

ありふれたデザインをキレイに挿せれば、描写的なデザインの生花祭壇もできる!

描写的なデザインの生花祭壇で求められるのが造形度の高さです。波をやったのに波だと認識されなければ意味がありません。

黒屋
せっかく波を挿すならキレイに挿したいですよね。

生花祭壇では、波などの描写的なデザインを挿せるようになりたい人ほど、「ありふれたデザインをキレイに挿せる」を目指すべきです。

なぜなら、波もありふれたデザインも生花祭壇として「使う技術」は同じだからです。

そのことは生花祭壇講習で一緒に学んでいる方も証明してくれています。

ありふれたデザインをキレイにさせるようになると、波の生花祭壇のクオリティーも高まります。インスタに投稿したのも、そのことが少しでも伝わればという想いからです。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

波の講習 ☆ えーっと、波だからといって、何か特別な技術や専用のテクニックは存在しないんですよね。 ☆ 基礎さえ身につけば、波はできるようになります。もちろんどんなデザインでもそれは同じです。 ☆ あと応用的な部分で言えば、「目の錯覚」を利用できればプロフェッショナル! ☆ 今回は控えめにいってもプロフェッショナルな感じだった!講習始めた頃のことを思うと、喜びもひとしお。 ☆ 継続のチカラって偉大やね。嬉しいっす😊 ☆ #生花祭壇 #花祭壇 #祭壇 #祭壇花 #祭壇生花 #生花祭壇講習 #生花祭壇講習会 #葬儀 #葬式 #葬儀花 #フューネラル #フューネラルフラワー #シェリール #funeral #flowers #funeralflowers

黒屋毅さん(@tsuyoshi_kuroya)がシェアした投稿 -

波や山などの描写的なデザインは生花祭壇の提供価値を高めます。理由はそれを選んだ顧客の肯定感や満足感を高められるからです。

でもそこに専用の技術って必要ありません。波や山など描写的なデザイン祭壇が出来るようになるには、よくあるデザインをキレイにさせるようになることが先決です。

>>生花祭壇講習のトップページへ

-生花祭壇の技術力アップコラム

Copyright© フューネラルフラワー シェリール , 2019 All Rights Reserved.