講師

黒屋 毅(くろや つよし)

1972年10月2日生まれ 福岡県北九州市出身

先祖は3代前まで大分中津藩のお侍さん。黒屋という名字は現在の愛知県新城市で誕生して、当初は「黒屋」ではなく「黒谷」と名乗っていたようです。

好きな言葉は「無常」、名言・格言は大好物

アルコールを摂取することと、本を読むのが割と好きです。

家族は、妻と子ども3人(娘、息子、娘)

生花祭壇の技術者に勝ち組も負け組もいない!「やる組」と「やらない組」がいるだけ

生花祭壇の技術者に勝ち組も負け組もいない!

僕は「勝ち組」「負け組」という組み分けが嫌いです。嫌いというと極端ですが、なんかしっくりこないんですよね。

勝ち負けって本来は「同じ前提条件」で競争した結果つくはずのもの。でもメディアの伝える「勝ち組」「負け組」ってそうはなってませんよね。

僕たちが抱えている前提条件って人それぞれ違います。前提条件の異なる人との競争はそもそも成り立たないし、そこでの勝ち負けで優劣つけても正しい比較なんてできません。

プロセスの違いが評価の違いになる

誰が言ったのかは知りませんが、「この世で最も不幸になる行為は他人との比較である」という言葉はその通りだと思います。

ただ、その一方で商品やサービスの比較って毎日のようにやりますよね。

「価格」「品質」「コスパ」など、僕たちは買う立場になると商品やサービスを比較検討し優劣をつける。そしてそれぞれの判断基準のもと、自分にとっての「優品」を選びます。

生花祭壇も商品です。比較検討されます。でも作っているのはロボットではなく生身の人間です。だから比較検討されて「劣」の評価が下されるとツライですよね。

しかし、劣る評価を受けたイコール負け組というわけではありません。逆に優る評価を得たほうも勝ったわけではなく、それまでやってきたことが評価されたに過ぎません。

勝ち負けではなく、やったかやらなかったか。そのプロセスの違いが今の評価の違いです。

やる組には可能性しかない

やる組には可能性しかない~生花祭壇講習

圧倒的に「やらない組」が多い生花祭壇の世界。やりはじめるまでの一歩は確かにたいへんですが、やり続けるほど実力がつく世界です。

やることで何が変わるか。やり続けることでどこにたどり着けるか。人の抱えている前提条件が違う以上、誰もが同じ結果を得られるわけではありません。

あくまで測りは自分の中にある。それで自分なりにその測りを使いながら、自分の限界を見ながらちょっと超えていくということを繰り返していく。そうすると、いつの間にかこんな自分になっているんだという状態になる。

イチローが引退会見で語った言葉です。

生花祭壇の技術で悩んでいる方も、自分の前提条件のもとで自分にあったペースで頑張っていけばいいのです。たとえ少しずつでも、生花祭壇の提供価値が高まったほうが喜ばれるのではないかと思います。

やる組はいつだってチャンスに満ちています。お気に召しかた方はコンタクトお待ちしてます!

 

投稿日:

Copyright© フューネラルフラワー シェリール , 2019 All Rights Reserved.