生花祭壇作成技術者のあるべき姿

生花祭壇技術者のあるべき姿1おいしいもの、食べてます??

食事に関しては、僕が作り手になることはほとんどありませんが、作り手が食べる側の立場に立つことって大切でしょ?

生花祭壇作成の技術者というのは、食の世界に例えるなら、料理人のようなものです。

たいした食材がない・・・

 

それでも技術とアイデアを駆使して「美味しい料理」を提供してくれるのがいい料理人です。しかも手際まで良かったりする。

生花祭壇技術者のあるべき姿2

生花祭壇の技術者もかくあるべきです。

そこそこの花材でも、技術とアイデアを駆使して、綺麗であか抜けた生花祭壇を提供する。

しかも手際が良いと。

拙劣な生花祭壇を提供しているところというのは、お客様にまずい料理を食べさせているようなものです。

作り手が食べる側の立場に立っていない。

それが分かっていて努力すらしないのは、生花祭壇を選んでいただいた方への裏切り行為です。

同じ金額なら普通は美味しいほうを選びたいわけでしょ?

少なくともウチが関わっている方たちには、どうか美味い(ここでは上手いかっ!?)生花祭壇を提供できる技術者になってもらいたいと強く思っています。

問い合わせバナー