生花祭壇作成が上手くなる方法

天国へ行くのに最も有効な方法は、地獄へ行く道を熟知することである

ニッコロ・マキャヴェッリ

 

生花祭壇作成が上手くなる方法逆説的な言い方になってしまいますが、生花祭壇作成がうまくなるにはたくさんの失敗体験が必要です。

なぜなら技術を身につけていくうえで、失敗ほど優れた教材はほかにないからです

例えばネットで「生花祭壇画像」を検索するとします。

きれいな生花祭壇をたくさん見ることが出来ますよね。

ただし、きれいな生花祭壇画像から学べることなんてほとんどありません。

きれいな生花祭壇画像のデザインをパクったつもりでも、なかなか同じように挿すことが出来ない経験をしたことがある人なら分かると思います。

パクるというと言葉は悪いですが、パクるうえで大切なのは紛れもなく再現性です。

再現性で必要なのはデザインという表面的なものではなく、技術のクオリティという本質的なものです。

いつまでたってもきれいな生花祭壇画像の再現が出来ないのは、今までの失敗を克服していないからです。

これから生花祭壇作成の技術を身につけたいのなら、知っておいたほうがいいことがあります。

それは、きれいな生花祭壇を作成出来る人も初めからきれいに挿せたわけではない。下手だった頃、全然ダメだった頃があったということです

その時期をどんなふうに過ごしていたのか。そのことを知るほうが、たいして役に立たない小手先の方法論を知るよりもはるかに価値があります。

方法論というのは「答え」ではあるのですが、それを知ったところで答えは何の問題も解決してくれません。

なぜなら、答えの中にはきれいな生花祭壇画像を再現するのに必要な「技術のクオリティ」が含まれていないからです。

フューネラルフラワー シェリールの生花祭壇講習は、技術のクオリティを高めるには失敗を克服することが必要であると定義しています。

きれいな生花祭壇を作成出来る人は、今までの失敗を例外なく克服しています。世界に1つしかない自分の失敗という教材を使い倒して成長しているのです。

失敗というのは出来るだけしたくないものですが、失敗を熟知することが生花祭壇作成の技術を向上させるためには最も有効です。

 

問い合わせバナー